【GAW】レイド攻略は耐性ダウンスキルとアタッカーの組み合わせで決まり

ヴァサーゴ討伐作戦

 

今まであまりやる気のなかったレイドのイベントですが、先日ゲットしたコイツがかなり役に立つことがわかったんでヴァサーゴ討伐作戦ではウキウキしながらポチってました。
ところがまさかのスキル発動せずだったので、ガッカリついでにレイド攻略について手持ちのMSの組み合わせも考えて軽く検証してみました。

<2018.11.15 追記>
かなりの方に見ていただいているのですが、かなりうすーい記事だったので追記します。
毒針も禁止されたのでレイド攻略はかなり厳しくなっていますね。



レイドにはデストラクションが発動しない

シナンジュ-デストラクション

シナンジュ
  • デストラクション:敵単体に大ダメージを与え、敵の減っている耐久力に比例してダメージが増加する

私をワクワクさせてくれていたのはこのシナンジュ
スキルのデストラクションには「敵の減っている耐久力に比例してダメージが増加する」という説明があります。

この機体は2015年には出ていた機体なので3年近く前に登場した機体なんですが、いまさらコイツの凄さを知りました。(笑)
ちなみにこのFigureは3Dモデルなる機能があったので、それを使って撮ってみました。

このデストラクションは敵の減っている耐久力に比例してダメージが増加するという説明の通り、敵の耐久力=HPが減っているほど大きなダメージを与えることができます。

デストラクションのダメージ仕様

  • 敵単体に大ダメージ:通常攻撃の1.5倍のダメージ
  • 敵の減っている耐久力に比例したダメージ:減っているダメージの3%(スキルLv.1の場合)

仮に敵の耐久力が1億減っていたとしたら、通常攻撃に加えて300万のダメージが追加されることになります。
これがシナンジュの攻撃力に関係なく加算されるので、仮にLv.1だったとしても300万のダメージを与えることができます。
いまさらですが、デストラクションのチートっぷりに驚きました。(笑)

強敵Lv.800の終盤戦とかはアタッカーの与えるダメージの2倍以上を与えていましたので、デストラクション恐るべし状態でした。

そんなわけでウキウキしながらレイドにアタックしていたんですが、デストラクションが発動しない。
あれ?

まさか…oh!!

デストラクションはレイドには発動しないのね!!!

ということで、私のウキウキ感はあっさり終了に追い込まれました。(笑)

行動不能スキルも発動しない

毒針(Lスキル:防御補助Ⅰ+ Bスキル:攻撃補助Ⅲ)による最強のレイド攻略の終了に伴い、行動不能スキルも発動しなくなりました。

削ったレイドの体力をデストラクションによって%削りすることもできず、Lv.200のレイドに1撃で致命傷を与える毒針のような超必殺技もなくなりました。

そうなると、アタッカー機と補助機による

  • 耐性ダウン
  • 回避・バリア・行動不能攻撃によるターンオーバー狙い

しか手がなくなってしまうのですが、今までは有効であった行動不能攻撃が発動しないように修正されてしまったため、

  • 耐性ダウン
  • 回避・バリアによるターンオーバー狙い

が最良の攻略となってしまいました。

バリア系でいくと、

  • ストライクフリーダム:守るための戦い(全体バリア)
  • エルメス:宇宙に舞う白鳥(前衛バリア)
  • 百式:メガ・バズーカ・ランチャー(一定確率で単体バリア)
  • カガリ・アスラン:ハウメアの護り(単体バリア×3回)

このあたりは持っている方もチラホラいるかもしれません。
これ以外はSR+のパイロットとかを持っていないとダメになってくるので、一気にターンオーバーが狙いにくくなりました。

あとは、攻撃力1にするスキルとかは健在ですので、

  • νガンダム:ビームライフル連射
  • Hi-νガンダム:ウェポン・ショット
  • ブルーディスティニィー3号機:認められし者
  • Zガンダム:武装解除

このあたりを組み込むことで1撃で撃破されるのを防ぐのもありかもしれません。

特にνガンダムのビームライフル連射を覚醒させている方はターンオーバー率かなり高くなりそうですね。

与ダメについては鍛えまくっているMSがなければどうしようもありません。

百式を覚醒してブーストスキルまでつけられている方はエネルギーチャージで与ダメをバフできますし、バリアも張れるため、部隊編成には必須かもしれませんね。

とにかく、古参&重課金のユーザーの方でも苦戦するような仕様になってしまいました。

対レイド攻略部隊を検証してみる

せっかくなのでなかなか特効機も手に入らないレイドをどうやって攻略するかを検証してみました。
最初に試みた部隊編成はこんな感じです。

  • ガンダム – マグネットコーティング(アタッカー)
  • νガンダム – フィン・ファンネルバリア(アタッカー)
  • 量産型キュベレイ – 痛恨の一撃(サポート)
  • ザクⅡ – 痛恨の一撃(サポート)
  • ストライクフリーダム – 守るための戦い(サポート)

うちの部隊には何の気なしに引いたパッケージガシャで出てきたストライクフリーダムがいます。
守るための戦いはスキルレベルLv.1でも発動率25%あって、発動するともれなく味方全体に敵からの攻撃を1回無効化するバリアを張ってくれます。

複数回発動しても回数分のバリアを張ってくれるのでバリアだらけになるときもあるくらいの超優秀スキルです。
ストフリとガンダム、νガンダムを組み合わせているとバリアも張るわ、よく避けるわでターンオーバーまで行くことが結構あります。

痛恨の一撃は発動すると敵の耐性が15%ダウンします。
ダウン率も高いので攻撃を避けまくっていると痛恨の一撃が発動しまくって耐久力100%ダウンまでもっていけてしまうことが判明。
100%ダウンしてしまったら痛恨の一撃よりも著しく絶大な~系でダメージを与えないと勿体なくなるので、痛恨の一撃は2機もいらないことが分かりました。

ということで、痛恨の一撃を1機に変更して最終的にはこんな感じに落ち着きました。

  • ガンダム – マグネットコーティング(アタッカー)
  • νガンダム – フィン・ファンネルバリア(アタッカー)
  • シャア専用ザク – 彗星の輝き(アタッカー)
  • ザクⅡ – 痛恨の一撃(サポート)
  • ストライクフリーダム – 守るための戦い(サポート)

当たれば~系のMSはトレードしちゃったのでシャア専用ザクしかなく、やむなく入れています。
パイロットはカガリを載せていますので、どちらかといえば壁役に近いアタッカーですね。

レイド戦は高回避機体で固めることができれば結構なターン数を稼ぐことができます。
ターン数が多くなればアタッカーばかりで固めてしまうよりも痛恨の一撃による耐性ダウンの方が効果的なので入れといた方がいいです。
だから1番指揮力のいらないザクⅡを入れました。

とりあえずレイド攻略はストフリのバリア効果を軸に痛恨の一撃を混ぜることで完了です。

見直し後のMS構成

  • 百式:メガ・バズーカ・ランチャー+エネルギーチャージ (アタッカー)
  • ストライクフリーダム:守るための戦い (アタッカー+サポート)
  • サイコ・ザク:ジャイアント・バズ (アタッカー+サポート)
  • ザクⅡ – 痛恨の一撃 (サポート)
  • 未定

時間も経ちましたので多少構成が変わっています。

サイコ・ザクは耐性ダウン要員+著しく極大なダメージなのでアタッカーとして優秀です。

百式は覚醒してブーストスキルがついているのでエネルギーチャージによるバフも期待できます。

残りは耐性ダウン系のMSでも入れておこうか…という感じです。
Hi-νガンダムもいるので攻撃力を1にする手もありか。

今回は貫通攻撃なのでより最悪なレイドになっていますが、精密射撃で封じてしまう手もあります。
精密射撃はスキル発動=1ターンはスキルを封じることができます。

それでもバリア or 回避必須ですけども。

まとめ

大いなる期待を寄せていたシナンジュのデストラクションはまさかのレイドには発動しないことが分かりました。
デストラクションに頼ることができないので正攻法でやるしかないってことになりました。

ストフリのスキル次第ではターンオーバーまで狙うことができるのでレイド攻略は高回避 or バリア系機体プラス耐性ダウン系のMSで構成するのがベストのようです。

レイドはまったり進めるのもありですが、せっかく検証したので今回のイベントからはポチポチとレイド狩りをしていこうかと思います。

<2018.11.15追記後>
毒針も封印されてしまいましたので、結局は攻略方法は以前とあまり変わっていません。
バリア+耐性ダウンでターンを伸ばし、アタッカーで削る以外の方法はなさそうです。

まぁ、正攻法といえば正攻法ですかね。

レイドでSR+のパイロットを入手することで部隊の底上げができるので、厳しいけれどもポチっていくいしかなさそうですね。

 icon-caret-square-o-right 【GAW】レイドや強敵の攻略についてはこちらを参照ください。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です